HEARTHSTONE 新環境考察|『仁義なきガジェッツァン』:翡翠蓮編

仁義なきガジェッツァン
HEARTHSTONE 新環境考察|『仁義なきガジェッツァン』:グライミー・グーンズ編
HEARTHSTONE 新環境考察|『仁義なきガジェッツァン』:グライミー・グーンズ編
前回の続き。 今回はグライミー・グーンズ勢力のヒーロー、 ウォリアー、ハンター、パラディンについて所見を記していく。 ...

前回の続き。

12/1発売だってね、この拡張。
明日じゃん!
まぁ、新シーズンからだろうなとは思ってた。
シーズン始まってすぐの参考としても、考察は有意義なはず。
とはいえ、早く記事を書ききらなければ……。

今回は最後の勢力、翡翠蓮のヒーローである
ドルイド、シャーマン、ローグを考察していく。

グライミー・グーンズ同様、
翡翠蓮もビートダウンに特化した勢力なのだが、
その性質はまったく異なる。

だが、やはりビートダウン系である以上、
焦点は「カバールの全体除去に対抗できるか」
という点であることに変わりはない。
今回もその点を考慮して見ていこう。

中立カード|育つトークン、『Jade Golem』!

翡翠蓮に与えられたテーマは『Jade Golem』。
Jade Golemというのはこの勢力全体に与えられた固有のトークンの名前であり、
その能力は今までのトークンカードとは一線を画する。

EH0G6J6OARD51479522921463

Jade Golemのスタッツは「今まで召喚されたJade Golemの数」に左右される。
それまで召喚された数が0体なら1/1だが、
2体なら3/3、4体なら5/5と言った具合。

翡翠蓮にはGolemを召喚するミニオンや呪文が大量に追加となっている。
その雛形とも言え、その強力さを推し量るのに最適なカードがある。

2UQPIZTMSB0C1479519130291

それがこちら。
雄叫びでGolemを1体呼び出す、一番シンプルな効果をしている。
呼び出されたGolemが1/1だとするとマナ不相応だが、
こいつを召喚するまでに1体でもGolemを呼び出していれば
2/2で場に現れることとなる。

2/2であれば、
雄叫びであることも考えれば同じ4マナの《蝕まれしトーレン》と
同等の働きができていると言える。

もっとゲームが進んで6ターン目10ターン目となった時、3/3や5/5など、
更に強力なGolemを呼び出せるかもしれないことを考慮すれば、
潜在能力はトーレン以上とも言えるだろう。

このように、Jade Golemのギミックを組み込まれたカードは
序盤こそ効果は低いものの、終盤でも腐りにくく、
マナ以上の働きをする可能性を秘めたカードが多い。

1VGAJO0GH0611479519130191

翡翠蓮共有のレジェンドは
Jade Golemギミックを採用しているデッキであれば
どんなデッキにも入れられるスペックをしている。

本人のスタッツこそ6/5/3と貧相だが、
雄叫びと断末魔の両方でJade Golemを呼び出せる。
このマナ帯であれば雄叫びで3/3、
断末魔で4/4のミニオンを出すことも難しくない。

また断末魔で召喚するカードは除去の対策にもなるため、
カバールに追加された5~6マナ帯の全体除去へ
強力な牽制効果があるだろうことも高評価だ。

そのままでも強力だった翡翠蓮のGolemの評価を
押し上げた一枚と言えるだろう。

これらのことから、
Jade Golemは中盤戦に力を注がなければならない
ミッドレンジタイプのデッキで強く光ることが予想される。

次はヒーロー固有のカードを見ていこう。

ドルイド|3ヒーローの中でもJadeに特化?

ドルイドの持つJade Golemギミックのカードは、
シンプルながら機能美に満ちている。

636151547226135541636155099783636630

《野生の繁茂》にJade効果を付けてみたり、
《闇のアラコア》の効果をJadeにしてみたり。

だが余計な効果やスタッツのためにマナが増えたりするよりずっといい。
そして一枚、Jade効果のカードの中で特筆しなければならないものがある。

636154130737564412

1マナでJade Golem召喚か、
デッキにこのカードを3枚追加するか、
選択することができるカード。

1マナで3/3、4/4などのミニオンを召喚する可能性があるカードを、
デッキに大量に植え付けることができると思うと非常に強力。
1マナなのでいろんなタイミングで挟み込めるし、
ヨグ・サロンとも相性がいい。
《ガジェッツァンの競売人》や
《ヴァイオレット・アイの講師》との相性は言わずもがなだろう。
おそらく、今回の環境でドルイドを象徴するカードの一枚になるはずだ。

そして、個人的に注目しているカードがこいつ。

MarkoftheLotus

《野生の力》の強力な方の効果だけを抽出したカード。
1マナというのが他のカードと合わせやすくてよい。
3/2獣を召喚するというリスクヘッジを失った点は大きいが、
例えば1ターン目カラス、2ターン目《生きている根》からこのカードをつかえば
2/2ミニオン2体と3/3ミニオン1体が盤面に並ぶ。
2ターン目でここまでされると、敵としても返しにくかろう。
アグロデッキが組みたくなるいいカードだ。

シャーマン|シャーマンの時代はまだまだ終わらない

636157714690718418636157719717697937

またえらいカードが追加になったもんだ。
5/10/10をデッキに組み込む効果とは。
《祖霊の導き》を組み込んだコントロールシャーマンで
真価を発揮するだろう。

さて、それはともかくとして、
シャーマンのJadeギミックはドルイドに比べて比較的おとなしい。

636157082207298568ZXFO2L1I2J6O1479519432298

2マナオーバーロードの《Jade Clows》は
武器を張りながらGolemを出していける。
ただ2ターン目でやりたい動きかというと疑問は残るか?

《Jade Lightning》はJadeギミックを組み込んだシャーマンなら
どのデッキにも無理なく入るだろう。
少々マナが重いが、オーバーロードもなく使いやすい。
今まで仕方なく《溶岩爆発》で焼いていた敵を無駄なく駆逐してくれるはずだ。

これら2枚も悪くないが、より注目するべきなのは下記の2枚のカード。

636155353850882844636143833843015810

1枚目は《Jinyu Waterspeaker》。シャーマン専用《骨董品のヒールロボ》。
ヒールロボが5/3/3だったことを考えると、
オーバーロードとはいえ4マナでアクセスできて、
しかもスタミナが3も優秀なのはめちゃくちゃ強い。
回復量がヒールロボより2点低い程度じゃ全然割に合わん。
ミッドレンジ、コントロールには脳死で入れてもいいカードだ。

2枚目は中立カード《Dpplegangster》。
こいつは多く語らなくてもおわかりだろう。《進化》との組み合わせが恐ろしく強い。
6マナで6マナミニオンが3体出て来るという倒錯した事態が発生する。
わけわからん。
今でも一線で戦っている進化シャーマンをより押し上げる存在になることは
火を見るより明らかだろう。

これらのことから、シャーマンはJade云々じゃなく、
元からあった動きが純粋に強化された印象だ。
シャーマンの時代はまだまだ終わらなさそう。

ローグ|隠れ身デッキは形になるのか?

ローグに追加されたカードの中で、
特に優秀なのは下記の2枚のJadeカード。

636154077708639556636153301854748988

どちらのカードも汎用性が高く、様々なデッキに組み込めそうだ。
特に《Jade Wanderer》は断末魔効果なので、
ン=ゾスと相性が良い点も高評価。

ただ、他のカードについては有用性に首をかしげる。

shaku-the-collector-450x6446361572074287839423X2J5ZYUMS2X1478226690029

上記のカードたちはどれも隠れ身能力を持っている。
おそらく今回のローグのテーマのひとつなのだろうと予想されるが、
隠れ身の能力自体、テーマにできるほど強いかという点には疑問が残る。

例えば、「場にいる隠れ身ミニオン全員のスタッツを強化する」
というようなカードが発表されればまだわからないが、
現状では一線で戦えるとは言い難い。
今後の展開に期待がかかる。

また、ローグに追加された次のカードは物議を醸すことになるだろう。

RZTJXDOJK47M1478227471256

つまり、《コイン》がカード化したということなのだが。
果たしてこのカードにデッキスペースと
1ターン分のドローを費やすほどの価値があるのかどうか。

ミラクルローグには抵抗なく入れられそうな点は評価できる。
《ガジェッツァンの競売人》と組み合わせれば、
1マナボーナスが貰える分の、完全にアド得カードだ。
ただ、コンボカードを単発で発動させるためにこのカードを入れるのは
正直見合わないと思われる。

まとめ

Jade Golemに関して言えばドルイドが
一歩抜きん出ているのではないだろうか?
余計な効果がついていないため、使いやすい。
Jade Golemの能力自体、
以下に早く展開できるかによってその後のスペックが変わってくるため、
マナレシオは非常に重要だ。
また、JadeGolemはやられても展開する手段が豊富なので、
全体除去にも多少耐性があると言える。

シャーマンは今まで通り、トップメタを行くことになりそう。
既存の動きを順当に強化してきたイメージ。
《Dopple Gangster》の爆発力だけ、注意が必要か?

ローグは、正直ここまでのヒーローの中ではパッとしないが、
《偽装コイン》は噛み合い方次第でミラクルローグのスピードを
強化することになるだろう。
研究のし甲斐はありそうだ。

いよいよ明日から『仁義なきガジェッツァン』が解禁になるが、
どの勢力も非常に興味深い追加が多く見て取れた。
新環境というのはどのゲームでもわくわくするものだ。
もしラダーで私のコントロールプリーストを見かけたら
やさしく叩き潰してあげてほしい。

それでは、健闘を祈る!
とか12月の導入までに間に合わせたい。