HEARTHSTONE 新環境考察|『仁義なきガジェッツァン』:カバール編

仁義なきガジェッツァン

新拡張はいつ導入されるんだ!
早くコントロール系のプリーストを振り回したい!

HEARTH STONEに『仁義なきガジェッツァン』登場!
HEARTH STONEに『仁義なきガジェッツァン』登場!
HEARTH STONEの新拡張、『仁義なきガジェッツァン』が発表された。 年内に導入予定。来ましたねー。 それにしても、スポットさ...

先日記事にした時から、更にいくつかの新カードが明らかになった。
その中にいくつか興味深い内容があったので、
それを考慮に含めた上で、各ヒーローの新環境について言及していきたいと思う。

今回はカバールの勢力のヒーロー、
メイジ、ウォーロック、プリーストから。

中立カード|『ハイランダー』と豊富な全体除去

今回の拡張でヒーローは三つの勢力に区分され、
それぞれの勢力用のテーマギミックと、共用中立カードが設定されることになる。

カバールの勢力に定められたギミックは、『ハイランダー』。
TCG用語で「同名カードを一枚しか入れない」ことを指し、
要するに《レノ・ジャクソン》と同じギミックだ。

636139637262137691

おそらく多くの人の目を引いた、
カバールを象徴するこのカード。
4マナと軽く、その効果もなかなか小回りが効きそうだ。
レノデッキの弱い序盤を支えてくれる1枚になりそう。

それにしてもこのタイミングでレノ系のカードが追加になるとは。
その他にもヒーロー各々に同じギミックが追加になることになりそうだ。
現にメイジ、プリーストでは既にレノ系カードのレジェンドが明らかになっている。
探検同盟がスタン落ちしたあとも、
このギミックの強力なカードはポツポツと目にすることになりそうだ。

その他のカードも見ていこう。

kabal-chemist-mage-200x285

『ポーション』を1枚手札に加えるミニオン。
各ヒーローの項目で後述するが、
ポーションには優秀な全体除去が多く存在するため、
このカードも強力な潜在能力を秘めている。

3TGEDOJNOUUN1478226688383

汎用性の高い発見カードも追加された。
カバールの今回の拡張で強力なコントロールカードが追加になったため、
上記2枚のようなカードのおかげで
デッキに組み込んだ以上の除去力を発揮することも少なくないだろう。

メイジ|全体除去のオールレンジ化

これはメイジに限った話ではないが、
カバールのヒーローには『ポーション』という
強力な制圧の手段が与えられた。
メイジに与えられたものが、次のカード。

O1UAPT1T3DR91478916128889-200x284

今回追加になったメイジ特有カードで特に気になったのがこのカードだった。
3マナで全体2点ダメージというとウォーロックの《悪魔の憤怒》が思い出される性能だが、
4マナに《地獄の炎》を抱えているウォーロックとは事情が違う。

フリーズメイジに対する勝ち筋として、
6マナの《ブリザード》までに盤面を固めて勝つ、というのが一般的だと思う。
それが可能だったのはメイジの5マナ以下に優秀な全体除去がなかったことが一因している。
一応《魔力の爆発》やそれを内蔵した《黄昏の槌の招炎師》ってミニオンはいたけど、
それ単体だと威力にかける印象が強い。

このカードであれば、《ブラッドメイジ・サルノス》と組み合わせれば
5マナ全体3点で《掘り出された邪悪》並だし、かなり小回りが効く。
これでフリーズメイジが全体除去を撃てないマナ帯がなくなったというわけだね。

636148046091986277

加えて、上記のカードが追加され、レノメイジが強化された。
共用カードの《カザカス》と併せて、
レノメイジに新たな勝ち筋が生まれたと言っていいだろう。

前述した優秀な全体除去の追加といい、
弱いところが丁寧に補填されたため、
次の環境ではコントロール系メイジはかなり目にすることが増えそうだ。

ウォーロック|更に強化された盤面制圧力

新しい動きが追加になったメイジに対し、
ウォーロックは今まで長所としていた部分がより強化されることとなった。
今発表されている中で特に強いカードが以下の2枚。

636149796627424380abyssal-enforcer

どちらも書いていることはシンプルながら、
今までのウォーロックの動きをより強力にしてくれる。
《地獄の炎》から《捻じれし冥界》までの4マナ分の時間帯を、
強力に支えてくれるカードになるだろう。
だが、どちらも自ヒーローのヘルスにダメージを与えてしまうため、
使うタイミングを誤れば自分の首を締める結果になるので注意が必要だ。

また、以下の中立カードはウォーロックでは特に強力に作用するはず。

mistress-of-mixtures-2

体力を消耗してハンドアドを稼ぐウォーロックにとっては、まさにうってつけ。
1マナで《スナック売り》と同じ動きが出来ると考えるとすごく強い。
これに加えてメイジの項でもピックアップした《カザカス》もいるので、
レノロックの動きはかなり強力になりそうだ。

あと、あまり強くないけど個人的に気になるカードが1枚。

636149315439525912

このカード自体は全然強いこと書いてないんだけど、
ここに来て悪魔のギミックが追加になったことが気にかかる。
今後悪魔をテーマにしたアグロでも組めるようになるんだろうか?

だとしたら《悪魔の憤怒》やそれに類似する新カードで
盤面を掃除しながらビートする面白い動きができそうなんだが果たして。

11/29 追記

そらきた!
そらきたぞ!

636159350941739839636159354864388113

手札に悪魔を呼んでくるサーチカードに、
手札の悪魔を全て召喚するハイランダー!

やはり悪魔というのは今回のひとつのテーマであったらしい。
レノ構築に悪魔を両立できるほど、悪魔のカードって豊富だっただろうか?

ちょっとコレクションを見返してこなければ……。

プリースト|完全復活! コントロールプリースト!

おめでとうアンドゥイン。
おめでとうヴェレン様。
コントロールプリースト完全復活だ。
OTKプリーストを愛用していた者として、喜びを禁じ得ない。

コントロールプリースト復活の立役者たちがこちら。
なお《Kabal Talonpreist》については
もう特に書くことがないので今回は割愛する。
絶対ナーフされるアイツ。

pint-size-potion-450x644dragonfire-potion-1

この2本のポーションが強い。
《Pint-Size Potion》は《密言・恐》や《カバルの影の僧侶》など、
色々なカードとコンボが組めそうで心が踊る。

《Dragonifire Potion》は奪われた《光爆弾》の後釜として
十分な活躍を見せてくれそうだ。

薬剤としてより火炎瓶的な用途でのポーションがやたら多いのは
マフィアの抗争を意識してのことなんだろうか?

20161110103417636138701282237716

また上記2枚の中立カードは、特にプリーストと相性がいい。
《Fel Orc Soulfiend》は、2ターン目コインから場に出し、
次のターンに《傷を負った剣匠》から《回復の輪》とかいう、
感涙モノのビートが狙える。
やられた方は頭を抱えることだろう。

《Dirty Rat》は中々物議を醸しそうなカードだ。
言ってしまえばポスト《デス・ロード》なわけだが、
その能力が雄叫びに、
そして「相手プレイヤーの手札から召喚」に変更になった。
なかなか判断が難しい。

《デス・ロード》に比べ、
相手にハンドアドバンテージが増えないことや、
雄叫びを空打ちさせられることは大きな魅力だが、
万が一にも相手の事故っていて
《イセラ》なんかが飛び出てきた時なんかは目も当てられない。
そこまではいかなくても、
4マナ5マナ級のミニオンが出て来るだけでも割と辛い。

基本的に如何なデッキであれ、
ファッティはマリガンされるだろうことを考えれば
リスクは低いようにも思えるが、
マリガン後手札に4マナ5マナのミニオンがとんぼ返りしてくる画を、
私は何度見たかわからない。

頼もしくはあるが、心臓には優しくなさそうなカードだ。

FDKYGMV0E52S1478227472179

ドラゴンプリーストの動きも強化されている。

前述の《Dragonifire Potion》と併せて過剰な強化にも見えるが、
今後ブラックロックマウンテンがスタン落ちすることを考えると、
ドラゴンシナジーをプリーストとパラディン専用のものにしようという
Brizardの狙いなのではないかとも推察できる。
だとしたら今後パラディンにドラゴンシナジーのカードが追加になるかもね。
今回の拡張でとは限らないが。

また、面白い動きをするカードも2枚明らかになった。
それぞれピックアップしてみよう。

636152630319132329

こいつ楽しそうだよなー!
《ヴェレンに選ばれし者》が現役だったら最高だったのに。
それを抜きに考えても《真言・盾》とも相性がいい。

出て来るミニオンが2/2で召喚酔いすることを考えると
アグロとしてはまったく強くないだろうけど、
こういうユニークなカードはデッキ構築欲を刺激される。
どんどん出してってほしい。

636150568405817274

新たなレノギミックのひとつ。
こいつもむちゃくちゃ楽しそうなんだけど、
有効なデッキ構築がパッと思いつかない。
単純にレノに添えるって使い方になると思うんだけど、
そもそもレノプリーストがどんな動きするのかよくわかってない。
スタン落ちする《ジャスティサー・トゥルーハート》の後釜足り得るか?

だが、ここまで書き連ねてきたコントロール強化の数々を見ると、
レイトゲームの権化とも言えるレノプリーストは、
ハマれば強いのかもしれない。
もしかしたら。

11/29 追記

便利なカードが追加で明らかになった。

636159375052514706636159374526868188

1枚目は4マナ12点のヘルス回復。
レノプリーストの持久力を下支えしてくれるだろう。

2枚目は5/5/5のサイレンスミニオン。
スタッツが及第点なので、
コントロールデッキの盤面維持の手助けをしてくれることが期待される。

そして中立のこのカード。

636159319296455457

ドラゴン以外のカードを弾くまでドロー。

遊戯王のカードかと思うような効果だ。
2枚以上ドローできることが期待できるならいいカードだ。
ミニオンばかりを敷き詰めたドラゴンビートみたいなデッキが作れれば強いか?

まとめ

私的には「ちょっとやりすぎなんじゃないの?」と思うほどに
全体除去カードが追加になったのだが、
果たしてビートダウンデッキは
それを跳ね返せるだけの展開力を得ることができるのだろうか。

次回はビートダウンダウンに特化した勢力のひとつ、
『グライミー・グーンズ』について考察していく。

HEARTHSTONE 新環境考察|『仁義なきガジェッツァン』:グライミー・グーンズ編
HEARTHSTONE 新環境考察|『仁義なきガジェッツァン』:グライミー・グーンズ編
前回の続き。 今回はグライミー・グーンズ勢力のヒーロー、 ウォリアー、ハンター、パラディンについて所見を記していく。 ...