HEARTH STONEに『仁義なきガジェッツァン』登場!

仁義なきガジェッツァン

HEARTH STONEの新拡張、『仁義なきガジェッツァン』が発表された。
年内に導入予定。来ましたねー。

それにしても、スポットされたのがガジェッツァンとは。意外なチョイスだ。
テーマも任侠モノで、意表を突かれた。

グランドトーナメントのカードはいつまで有効なんだろう?
次回環境では一体何が大暴れするのか、気になるところだ。

祝プリースト強化! ポスト『デスロード』で生き返れ、OTKプリースト!

20161110103417636138701282237716
追加カードの中で特に気になっているのはこの2枚。
ナクスラーマス撤退で『デスロード』が使えなくなり、
息の根を止められた私のOTKプリーストが生き返るかもしれない。

このカードに限らず、今回の拡張でプリーストはかなり強化される。
汎用性の高いカードが相当数追加された。
現環境ではドラゴンプリーストかン=ゾスプリーストしかみなかったからなぁ。
プリーストデッキの多様化が目的だろう。
その中でも顕著というか、露骨とも言えるようなカードがこれ。

636139825787337104

さすがにこれはナーフされるだろ、というのが正直な感想。
1マナ増えるか、ステータスが弱体化するか、
効果のバフがもう一回りおとなしい効果になるか。
いずれにせよ、パックでこいつを引き当てたらナーフされるまで溜め込んでおこう。
コモンカードだから目にすることは多そうだ。
他にも強力な全体除去となりそうなカードが2種、
ドラゴンプリーストのニューカマーが2種。
ワン・ナイト・カラザンでBlizzardに貼り付けられた悪評は
これで祓い清められることになるのでは。

雄叫びをあげろ! 海賊ウォリアー!

現環境で特に愛用しているのが海賊ウォリアー。
武器を強化してバンバン敵をなぎ倒していくのが快感だ。

海賊ウォリアーも新環境で新しい動きが追加されそうで
期待を禁じ得ない。

63614398846127247520161110103108

テンポ系ウォリアーの新しい風となりそうな2枚。
Grimy Gadgeteerは手札2/2強化の雄叫び持ちとして考えた時、価値があるのかどうか。
Grimestreet Pawnbrokerはスタッツもそこまで悪くないので、
自然に差し込むことができそうだ。

さらに面白そうなのは、中立カードとして参戦するこいつ。

636139668188132985

デッキから突然飛び出してくるカードは、HEARTH STONEでは珍しい。
もしかして初?
単純な火力の底上げとして期待できそう。ただし手札に来た時は腐ること請け合い。

世は大コントロール時代へ

前述した2枚の高タフネスカード、プリーストへの全体除去支援、
加えてレノに加わった強力なパーツなど、環境の長期戦化が予想される。
それに伴い、アグロデッキに暗黒時代が訪れやしないかと危惧している。

カラザンの頃併せて考えて、Blizzardはコントロールに注力してきている。
それ自体は、個人の好みでものを言えば遊びごたえが増して歓迎なのだが、
それによってHEARTH STONEの良さであるところの
手軽さが失われてしまわないかというのが気がかりだ。

仁義なきガジェッツァンのカードで
愛用していたプリーストが強化されて、私は内心ホクホク。
今回の追加がアグロの生き辛い環境を生み出さないか、
それだけが心配される。