友人宅でアナログゲーム会! 『ワルモノ2』『SecretMoon』など

Secret Moon プレイ画像

仕事が忙しくて更新が滞ってしまっている。
平日は「帰って寝る」の繰り返しでまったく遊べていない。
これは大変よろしくないね! 改善しなくては。

それはともかく、本日、友人宅でアナログゲームを遊んできた!
5人の友人で集まって、合わせて7時間ほどプレイ。
アナログゲームを頻繁にプレイできる環境にホクホクだ。

ゲーム会レポート

ワルモノ2 プレイ画像Secret Moon プレイ画像画像でプレイしているのは、先日購入報告をした『ワルモノ2』『Secret Moon』
あと購入報告していなかったところでOink Gamesの『藪の中』を遊んだ。
どれも国産、どれも好評。今回も大盛況で、持ち込んだ人間としては嬉しい限りだ。

『ワルモノ2』は情報操作がうまく行った時の爽快感が格別だった。
ただ、このゲームはもっと定石とかが分かってきた後が楽しいんだろうなと思う。
プレイ時間は1ゲーム30分と軽くはないので、もっと対戦を重ねればもっと面白くなるだろうな。
まだまだ伸びしろがありそうだ。

『Secret Moon』は1ゲーム10分ちょっとくらいでさくっと終われるので、10回以上遊んでしまった。
これは『汝は人狼なりや?』や『ワンナイト人狼』が好きな人は絶対気に入るゲームだね。特に『ワンナイト人狼』はこのゲームと性格が随分似ているので、気になる方はぜひチェックしてほしい。
このゲームに関しては一度レビューを書いておきたいね。いつになるやらだが。

写真は撮影しなかったが、Oink Gamesの『藪の中』もかなり楽しめた。
正直、最初はみんな頭に「?」を浮かべながらプレイしていたが、1ゲームが終わるまでには全員その駆け引きの奥深さに魅了されていた。ちょっとわかりにくいシステムをしているが、それさえ乗り越えれば大満足の一品だ。『ドメモ』とか好きな人は是非プレイしてみてほしい。
値段もお手軽だし、とてもお求めやすいと思う。旅行のお供なんかにいいんじゃないかな。パッケージもコンパクトでお洒落だしな!

まとめ

今回の感想。
「国産アナログゲーム、頑張るじゃないか」

先日、『街コロ』がドイツゲーム大賞で8位に入賞したという話も聞いた。日本のアナログゲーム市場はこれからが盛り上がり時!
……だといいなぁ。